スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
世界が赤い…
夢の中の自分は、小学生だった。
遊びすぎてアキレス腱を痛めた時期だ(笑。

一緒に学校から帰っていた友だちと分かれて、残り道のり1キロ。
また余談だが、実家から学校までは約3キロ。それを毎日歩いて通ってた自分ら小学生……凄くね?
何やら視界に赤いものがちらつく。あまり気にせずボーっと歩いていたら、目の前が暗くなった。
何ごとかと確認したら、目の前に壁…じゃなく人が立ってた。全身黒い人。
よく見たら三国無双4仕様の周泰さんだった。
こっちは小学生なんで、ほぼ真上を向く状態。首が痛い。
何も言ってこないのでこっちも黙っていたら、まわりに赤いもの集まってきた。
赤いものは呉の皆さんでした(笑。
孫権様に孫策様に、尚香に堅パパに甘寧だった。
何か用ですか?と訊ねたら、道を聞かれた。
どうやら逆トリップなるものをして、ここで迷っているらしい皆さん。
道を教えるにも、トリップしてきた人たちにどう教えるんだ?と悩んで、結局実家に連れていくことに。
家に帰ったら、何故か自分の部屋に皆さん集合。
体格の良い人たちが集まってるもんだから狭い狭い。
しかも、皆さん好き勝手にくつろぎだした。…放っておこう。
さてこれからどーしようかと、悩みながらトイレから帰ってきたら、
皆がぶっ倒れていた。
何で?と思ったら、父がアルコール35度のよく分からん日本酒を飲ませたせいらしい…。何をやっておるのか父よ。
堅パパも周泰さんまでも倒れてる…。
ええ~どーすんのコレ……と酷い考えをしている間に、夢が覚めた。

…できれば続きは見たくない。
別窓 | 夢の話 | コメント:0 | トラックバック:0
201106171146
<<さすがに… | 駄文日記 | ちょとまてやこら!!>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| 駄文日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。